【第5回】ビギナーゴルファー コースデビューへの道

ビギナーゴルファーのレッスン企画の第5回の様子をお伝えします。

目標はコースデュー。ビギナーさんたちの進化やいかに!

これまでのレッスンについては下記リンクよりお願いします。↓↓

【第1回】ビギナーゴルファー コースデビューへの道

【第2回】ビギナーゴルファー コースデビューへの道

【第3回】【第4回】ビギナーゴルファー コースデビューへの道

 

第5回のレッスンを担当したのは土橋コーチです。 

構える段取りについてや、自宅でできるストレッチについてレッスンしました。また、個々に合わせたワンポイントレッスンも行いました。

 

本日レッスンを担当させていただきます、土橋です。よろしくお願いします。

よろしくお願いします!

よろしくお願いします!

よろしくお願いします!

グリップや構えは覚えてきましたか?

覚えてきました。たぶん……

 

今日はまず、構える段取りについてお話します。構えた時の形は大切ですが、その形にするまでの段取りも大切です。ゴルフ用語でいうとプリショットルーティーンと言います。

構える段取り、一連の流れが大切なんですね!?

 

 

 

いったん、ボールの近くに立って下がりながら構えることで、前のめりにならずバランスよく構えやすくなります。腕をスムーズに振りやすい構えになります。

なるほど。前のめりの構えは良くないのですね!?

 

はい。反復して良いバランスを覚えていきましょう。

はいっ

 

さて、ここからは各々に対してのワンポイントレッスンです。

まずは梨子本さん

はい

 

左打ちの梨子本さんは、構えからクラブを上げるときは右肩を回すのではなく下げるようにしましょう。クラブの上への遠心力と反対方向に力を使うイメージです

クラブの勢いに持っていかれないようにするんですね!?

 

次に引田さん

はい

クラブヘッドがボールに当たる瞬間、フェースの向きが開きやすい(右を向きやすい)ようです。右腕の肘先を内側に回しながらボールを打ちましょう。バレーボールの経験を活かして、スパイクを打つイメージを持ってボールを打ってください。

腕を振り下ろしながら手を返すんですね!?

次に時田さん

はい

胸まわりがかたいようです。水泳の経験を活かして背泳ぎのイメージで、肩甲骨を動かしてみて下さい。

背泳ぎ!ゴルフと関連付けられるなんて不思議です!!

 

ビギナーさん達、だいぶクラブを振ることに慣れてきたようです。コーチのコメントを聞いていてもわかるように、より深いレッスン内容になってきました。

次回はどんな展開になるのか楽しみですね(^^♪

 

↓↓ビギナーさんたちの現状のスイングなどは、インスタグラムをご覧ください。

  1. ALBA No749表紙
  2. 日本プロゴルフ協会公認
PAGE TOP